たに屋logo

0776-67-06109:00~21:00(最終受付 PM8:30 ) 不定休

側弯症

側弯症

リオオリンピックで陸上男子100メートルを3連覇した(2017年の世界陸上では3位でした)ウサイン・ボルト選手のことは、記憶に新しいと思います。
それでは、ウサイン・ボルト選手が生まれつきもっている体の特徴のことはご存知でしょうか。
ジャマイカ出身、身長195cm、体重95kg、陸上短距離の中では大きな選手で足が長い。
それも特徴ではありますが、他の選手との明らかな差は走り方に見ることができます。 YouTubejp【NHKリオ】ボルト3連覇 9秒81 ボルト決勝の走りを目撃せよ 陸上 男子100m決勝より
ウサイン・ボルト選手は走る時に肩を大きく上下させながら走ります。
何故なら彼の背骨は側弯症のため生まれつき曲がっており、走る際にはバランスを取るために大きく体が揺れるのです。
以前は何度も故障を繰り返しましたし、当時専属のコーチは100メートルは負担が大きすぎるために走らせなかったそうです。
しかしその後カイロプラクティック治療による背骨と骨盤のケアを取り入れ、さらに徹底的に肉体改造にも取り組み、彼の現在があるのです。
側弯症で悩む全ての人がウサイン・ボルト選手のように走れるという話ではありませんし、あなたの健康のためにスポーツを始めましょうという話でもありません。
生まれつきでも、後天的でも、側弯症があったとしても、カイロプラクティックのケアで改善される点は多いということをお伝えしたいのです。

側弯症で背骨が大きく歪んでしまうと、姿勢が傾いてしまうだけではなく肩こりや腰痛など様々な症状を併発することが多くあります。
現代医療では原因は分かっておらず、器具で固定するか側湾が進んでしまう場合には手術で対応するしかないようです。
日本ではそのほとんどが15歳位までの女子にみられ、全側弯症の70%を占めると言われています。
成長中の子どもに及ぼす影響は計り知れませんし、もしそのままの状態で生活していくことを考えれば色々と大変であろうことは想像できるでしょう。

当院では背中を軽く揺らしながら背骨と骨盤を整えていきます。
歪んだ骨を元に戻すのではなく、神経の通りを良くしその人の自然治癒力を高めていきます。
その人の一番いい状態、楽な状態に近づけていくとも言えるでしょう。
もしあなたが「側弯症」でお悩みであったり、あなたの大切な人が困っていたら、ご相談ください。

ネット予約

たに屋カイロプラクティック院

坂井市丸岡町西瓜屋15-2-1
Tel:0776-67-0610(予約制)
不定休 / 駐車場2台