たに屋logo

0776-67-06109:00~21:00(最終受付 PM8:30 ) 不定休

脊柱菅狭窄症

坂井市、あわら市周辺で脊柱菅狭窄症に困っているあなたへ

脊柱管狭窄症とは、レントゲンやMRIで背骨(脊柱管)を撮影した時に、加齢や長年の疲労などにより神経の通り道である脊柱管が狭くなっている状態をいいます。 膝腰男性
腰痛はそれほど強くありませんが、長い距離を歩こうとすると痛みやしびれを感じることがあります。
少し休むと回復するのですが歩きだすとまた同じ状態になります。
これが間歇性跛行(かんけつせいはこう)という脊柱管狭窄症の主な症状です。
自分の足で歩けるのだけれど、長時間歩けないから買い物や旅行を楽しめません。
酷くなると尿の出が悪くなるだけではなく、尿もれを起こす場合もあります。
もしかしたらあなたやあなたの大切な方がこういった症状でお悩みなのかもしれませんね。

病院では痛みを感じる神経に対するブロック注射や手術などで対処しているようです。
神経の通り道である背骨の脊柱管が上記などの原因で細くなり神経を圧迫しているから出る症状であるとされていたので、従来は手術以外では対処できないとされていました。
しかし実際は神経自体の働きが落ちていたり、神経自体や下肢の筋肉の緊張がとれないためだと考えられます。
当院では背中を軽く揺らしながら背骨を調整し、神経の通りを良くしていきます。
神経の通りがよくなると全身の神経自体や筋肉・内臓の緊張がとれやすいくなりますので、当院の施術はきっとあなたのお役に立てるはずです。

少しだけなら歩けるんだけど、ちょっと近所に出かけるだけでも億劫で・・・という状態から抜け出して、笑顔で毎日を過ごしましょう。

ネット予約

たに屋カイロプラクティック院

坂井市丸岡町西瓜屋15-2-1
Tel:0776-67-0610(予約制)
不定休 / 駐車場2台